銀行系カードローン記事一覧

広告などでみる「銀行カードローン」という言葉。何となくしか意味が分からない、今更聞けない…という人もいらっしゃるのではないでしょうか。まずカードローンについて簡単に説明すると、最初に審査を受け、カードを発行してもらえば、その契約時の枠内であれば、いつでもATMやCDから、現金を引き出すことが出来る、というものです。(この時カードを利用しないもの、口座に振り込んでもらうものはカードローンとは呼びませ...
限度額内ならATM・CDでいつでも引き出せ、用途に関する制限もかなり少ない銀行カードローン。しかも個人向けのものであれば、多保証人不要・担保不要で融資を受けられます。保証人や担保無しなのに何故銀行側は貸してくれるのか?リスキーではないのか?ですが、その秘密は審査にあります。銀行からの審査だけではなく、銀行側のリスクを軽減するために、銀行側が決めた保証会社の審査もパスする必要があるのです。この指定さ...
銀行カードローンを検討する際には利息・借入利率や借入れの上限金額が大きなポイントとなります。銀行カードローンは、一般的な消費者金融業者と比べ利息が低く設定されています。そのため一般的な消費者金融業者より借りやすく、借入れる場合はコンビニや銀行のATMから手数料無料で便利です。ただ、銀行カードローンは銀行により金利や貸付条件が異なり、無利息期間があるところとないところでは結果的に差がでてくるので、自...
・複数の借入があり、審査基準よりも件数が上回っている銀行カードローンの審査に通らない主な理由として、「複数社から借入がある」が挙げられます。これは審査に通過できない最も多いケースとなっています。審査時には、利用者の信用情報を問い合わせることとなっており、過去の借入状況や返済遅延があったかなどという情報も全てチェックされます。銀行カードローンの場合、審査のクリアしなければならない条件の中に、「申込時...
申込について−最近はインターネットによる申込が多い申込方法は利用者の環境や状況に応じて、様々な手段が用意されています。直接店舗に来店して申込を行う以外にも、無人契約機や電話、インターネットを利用して申込むことも可能です。人目を避けたい、自宅で都合の良い時間に申込をしたい、というのであればインターネット申込が最適でしょう。最近では、便利なインターネットからの申込が急増しています。公式ページにアクセス...
メリット銀行カードローンの最大のメリットは、消費者金融系と比較して金利が低いことです。金利は金融機関・融資額によって異なってきますが、金利が低い銀行では年利5.0%を下回るケースも多くなりました。他社で複数のローンがある場合、銀行カードローンにまとめることで返済額の節約が可能となる場合もあります。銀行カードローンは融資の限度額が大きいケースが多いので、多額の借り入れが必要な場合に適しています。また...
銀行カードローンは、消費者金融や信販系のカードローンよりも審査が厳しくなっています。そのため、融資の申し込み条件を満たしても、審査を通過しない場合もありえます。無事に審査を通過するために、銀行カードローンを申し込むときは審査基準を知っておくとよいでしょう。以下には、銀行カードローンの審査基準について説明します。まず、銀行カードローンは、ほとんどの場合、担保や保証人を必要としません。審査基準は各銀行...

このページの先頭へ戻る