カードローン融資を受けるまでに必要な手続き、注意点

カードローン融資を受けるには、いくつかの手続きを踏む必要があります。その流れや注意点について、以下に説明していきます。

 

カードローンの審査申し込みをします

希望するカードローン会社のホームページから申し込みを行います。申込フォームに必要事項を入力し、送信してください。

 

《注意点》
・誤字脱字は審査に影響しますので、打ち間違えのないように注意しましょう。
・必要事項は正直に記入しましょう。虚偽の記入がばれると審査は間違いなく通りません。

 

カードローン会社が審査を行います

あなたがカードローン会社に送信した申込み内容を元にして、融資について審査が行われます。銀行系カードローン・クレジットカードの審査期間は約1週間です。消費者金融系キャッシングは、ほとんどの場合、即日で審査結果が出ます。

 

あなたの勤務先に在籍確認電話が入ります

申し込み時に記入した勤務先に、在籍確認の電話がかかってきます。この電話は携帯からかかってきます。そのとき、在籍確認をするカードローン会社の担当者は個人名を名乗ります。「鈴木と申しますが●●さんはいらっしゃいますか?」というような内容です。

 

在籍確認は、カードローン会社からの電話とわからないよう配慮されています。会社の関係者に知られる心配はありません。

 

《注意点》
・電話が繋がらない場合、審査でマイナス評価が受けます。
・電話を受けた人が「そのような方は当社に在籍していません」と言うと、審査は通りません。

 

契約内容の確認をします

在籍確認が取れれば、契約内容の確認作業に入ります。審査結果・適用金利・限度額などが通知されます。即日融資可能なカードローンの場合は電話で契約内容を確認します。即日融資でないカードローンは、契約内容の確認書類などが郵送やメールで送られてくるので、確認しましょう。

 

《注意点》
・審査に通っても、評価結果によっては、限度額が希望通りにならないこともあります。

 

必要書類を提出します

本人確認書類と収入証明書を提出します。「免許証・健康保険証・パスポート」と「源泉徴収票・課税証明書・給与明細書・確定申告書」が必要です。即日発行のカードローンは、必要書類のデータをメールで提出します。

 

即日融資でないものは、多くの場合、カードローン会社から資料が郵送されてきます。それに応じて必要書類を返送しましょう。

 

手続き終了後にカード発行

ここまでの手続きを無事に完了すると、カードが発行されます。即日融資可能な場合、カード発行の時点で振り込み可能です。

 

カードは自宅に郵送されますが、プライバシーには最大限の配慮がされます。消費者金融系のカードローンなら、封筒に会社名を記載しません。送り主の名称は、カードローン系とわからないような名称が記載されます。

 

カードローン融資は、このように手続きが進みます。スムーズに融資を受けるためにも、流れを把握し、事前準備しておくとよいでしょう。


このページの先頭へ戻る