カードローンは、金利にだまされないでください

カードローンというのは、借入枠もちろんですが、借入する人の信用具合によって審査をし、金利が定められています。その他、○.○○%〜□.□□%っと広く金利幅をとって表記されています。もちろん、いろんな人が借り入れを希望してくるため仕方がないことではありますが、この金利に騙されないよう注意をしなければなりません。

 

金利を見て選ぶのではなく、自分自身が借入れた際に、どの金利が適応されるのか?という所を重視しなければなりません。

 

しかしながら、借入れた際に、どのカード会社が一番金利が低く借り入れられるか?という事はわかりにくいのが現実です。例えば、10万円借りようとした場合、大体の所が一番高い金利が設定されてしまいます。利息制限法では、実質年率が18.0%というのが最大にはなります。

 

ではどうすれば、自分の借り入れと信用ではどれくらいの金利が適用されるのかを知れるのでしょうか?もちろん、複数のカードローンを申し込むという手もあります。しかしながら、半年間のうちに3社以上の申し込みがある場合、ブラックとして警戒されるため、審査が通らないという事態にもなりかねません。

 

ではどうすればいいのか?それは、上限の金利が低いカードローンを探すべきです。どうしても、下限に目が行き過ぎますが、上限の金利が一番重要なのです。

 

上限金利という事は、これ以上に金利の上昇はないということです。ですので、特に少額借入をされる場合は、特に上限金利を見た上で、選ぶ事をオススメします。

 

次に、目的にあったカードローンを選ぶべきです。

 

もちろん金利も重視したいところではありますが、目的別にカードローンを選ぶ事をオススメしま巣。その理由は、震災の方法が体系化されており、すでに融資の利率というのは各社ともに数%違うかというほどです。そのため、差があまりないのが現実です。

 

ですので、例えば、すぐにでもお金が欲しいので「当日融資をしてもらいたい」だとか、「審査基準のハードルが低い」とか、「返済の手数料が0円」など目的に応じてカードローンを選ぶ事が、結果的に借入する人にとってお得になるわけです。

 

金利に目が行きがちにはなりますが、目的に応じてカードローンを選ぶほうが賢く借入が出来るかと思います。


このページの先頭へ戻る