いろいろあるカードローンの返済方式

カードローンには、返済方式にいろいろな種類があります。代表的なものには、元利均等返済方式、元金均等返済方式、残高スライド返済方式、リボルビング方式などですが、他にもあります。これらは、それぞれのカードローン会社によって違います。利用するカードローン会社を選ぶ時の、1つの目安になるでしょう。

 

元金均等返済方式

借入元金を均等割にした毎月の金額に、利息を合計した額が月々の返済額となる方法です。借入残高が多い初めのうちは、返済額が多くなりますが、返済が進むに連れて返済額は少なくなります。元金を確実に減らしていくことができます。

 

元利均等返済方式

借入元金とそれに対する利息をあらかじめ合計し、それを決められた返済期間で均等に返済する方式です。毎月の返済額が一定額となるので計画的な返済がしやすくなりますが、始めのうちは返済額中の利息の割合が多くなり、元金の返済が少なくなります。それ故、元金均等返済方式に比較すると、支払う利息の合計は多くなります。

 

残高スライド返済方式

借入残高によって、月々の返済額が増減するのが特徴です。例えば借入残高が10万円以下の場合には、月々の返済額は1万円、借入残高が20万円の場合には、月々の返済額が1万5千円になるなどです。この残高と返済額の関係は、金融機関によって違い、あらかじめ決められています。

 

リボルビング返済方式

借入残高に関係なく、月々の返済額が一定になる返済方式です。通常の分割払いの場合には、借入金額と月々の返済額によって、月々の返済金額が決定するのに対して、先に月々の返済金額が決まっており、利用残高に応じて、返済期間が決まるのが、この方法の特徴です。借入金額が大きくなればなるほど、月々の返済金額の中で利息に当てられる額の割合が多くなり、元金返済が進まなくなるので、多くの場合には、上記の残高スライド返済方式と組み合わせてあります。

 

増額返済

月々決められた金額よりも、多く返済する方法です。借入残高を、多く返済した分だけ減らすことができます。増額返済をすることで、利息の総支払額を抑えたり返済期間を短くすることができるなどのメリットがあります。増額返済をするときには、手数料がかかる場合がありますので注意が必要です。しかし余裕がある場合には、積極的に行ないたいことでもあります。

 

増額返済の方法には、期間短縮型繰り上げ返済方式と返済額軽減型繰り上げ返済方式の2種類があります。

 

期間短縮型繰り上げ返済方式とは

月々決められた金額よりも多く返済することで、返済期間を短くする方法です。例えば本来は12月まで返済予定だったものが、10月で返済が終わるといった形です。利息の軽減効果が高いのがこの方法です。

 

返済額軽減型繰り上げ返済方式

月々に決められた金額よりも多く返済することで、返済期間は変わりませんが、月々の返済額を少なくできる方法です。期間短縮型よりも、利息の軽減効果は小さくなります。

 

一括返済方式

借入残高を一括で返済する方法です。多くの場合には、事前に業者への連絡が必要です。

 

これらの返済方式をしっかりと理解しておいて、賢くカードローンを利用するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る