カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンとキャッシングは似たようなものとして混同されがちです。以下には、この2つの違いや歴史について説明していきます。まずは、カードローンとキャッシングの正確な意味を説明しましょう。

 

キャッシングの意味

これは融資を意味します。日本では、消費者金融が個人に融資することをキャッシングサービスと呼んできました。そのため、無担保ローンがキャッシングと呼ばれるケースが多くなっています。

 

カードローンの意味

契約した範囲内の融資額を、カードを使ってATMから借り入れをする無担保ローンを意味します。

 

カードローンは「カードを使ったローン」に限定されます。対して、キャッシングはもっと広い意味での融資を意味することもあります。両者にはこのような明確な違いがあります。

 

しかし、最近はカードを必要としないカードローンが登場し、人気を集めています。そのため、両者の違いがかなり曖昧になっているのが現状です。また、実際はカードローンとキャッシングには共通点も複数あり、ほぼ同じような意味合いのものとして利用されています。

 

両者の共通点は以下の通りです。
・無担保
・保証人不要
・審査で定められた限度額までは自由に借り入れ可能

 

キャッシングは、かつて消費者金融会社が個人向けのローンを提供していたころのサービスの呼び方でもあります。しかし、貸金業法の改正が2010年6月に行われ、消費者金融のキャッシングには顧客が集まらなくなりました。原因は多重責務が社会問題になったことです。この時期、業界再編が銀行と消費者金融の中で進みました。現在は大手都市銀行グループの中にほとんどの大手消費者金融が入っています。

 

この結果登場したのが、銀行が提供するキャッシングサービスであるカードローンです。キャッシングという言葉の悪いイメージを打ち消すために、カードローンという言葉はテレビ広告などで頻繁に使われ、社会に浸透していきました。

 

カードローンとキャッシングの名称には、このような歴史が隠れています。

 

現在、カードローンは銀行が窓口となり資金を用意し、実際の業務を消費者金融が行います。返済が滞れば、消費者金融が保証会社として銀行に返済を行います。ローンの債権は消費者金融に移り、消費者金融は利用者に返済を請求することになります。カードローンとキャッシングの違いや共通点について先に書きましたが、実際のところ、両者は同じものと考えてよいでしょう。名称はカードローンとなっても、実際のシステムから見ればキャッシングと違いはないと考えられます。

 

キャッシングは消費者金融のサービスだから危ない、カードローンは銀行のサービスだから安心。そのように考える人もいるでしょうが、それは間違いです。返済が滞れば消費者金融から返済請求されることは、どちらも同じです。しかし、返済をきちんとすれば問題はありません。カードローンとキャッシングは、安全に利用するためにも、正しく内容を理解しておきましょう。


このページの先頭へ戻る