カードローンの種類について

ここではカードローンにはどのような種類があるか確認していきましょう。キャッシングをするうえでは担保の有無や借入先によって名称や条件が異なる場合がありますので、下記することは一般的なものととらえてください。だいたいの場合は4種類に分けられて、銀行カードローン・信販系カードローン・消費者金融系カードローン・信販系(クレジットカード)カードローンになります。

 

銀行カードローン

一般的にはカードローンと呼ばれると銀行カードローンのことをさすことが多いです。人によっては銀行系カードローンとも言います。大手銀行、いわゆるメガバンク以外にも都市銀行や地方銀行、ネットバンクでもサービスが提供されているので皆様の目に触れやすいものと言えます。融資の金額は比較的大きく、年収無制限で申し込みが可能なみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行なども人気があります。ただ申し込み銀行だけでなく保証会社からも審査が必要でやや厳しくなっています。

 

銀行カードローンのメリット

@金利が低めになっている
A総量規制の対象外(年収の3分の1を超えた借り入れが可能)
B限度額が大きく設定される

 

銀行カードローンのデメリット

@審査が銀行と保証会社を通るために厳しめ
A平均しても一週間程度融資まで時間の猶予が必要

 

消費者金融系カードローン

アコムやプロミスなど誰でも聞いたことのある消費者金融が扱うカードローンがこれに当たりm差う。融資金額は小さめに派なりますが、即日融資に対応してくれたり融資までの期間が短いので短手番で融資が必要な場合には非常に有効です。金利については銀行カードローンよりも高めにはなりますが、定期的に収入のある人であれば申し込みのハードルはなく、対応や返済の手軽さが非常に魅力的です。

 

消費者金融カードローンのメリット

@即日融資が可能など、非常に早く融資してもらえる
A審査が比較的緩い
B返済の相談などに気軽に応じてもらえる
C親身に顧客目線で対応してもらえる

 

消費者金融カードローンのデメリット

@金利がやや高めになる
A銀行カードローンよりも設定される限度額が低い
B総量規制対象

 

信販系(クレジットカード)カードローン

信販系のカードローンはクレジットカードを発行する会社が取り扱うカードローンのことを言います。このカードローンは銀行と比較すると融資の利率が大きく幅があり、利率が低めの会社を探すこともできますし、貸し出す金額に応じて設定される利率で得か損かを判断することもできます。大きなメリットとして、クレジットカード会社ですので安心感があることや銀行液よりも審査が比較的緩いことが挙げられます。金利はやや高めではあるものの、クレジットカードを利用する延長上で使用できる気軽さも良い点と言えますね。

 

信販系カードローンのメリット

@クレジットカードと一体型で使いやすいものもある

 

信販系カードローンのデメリット

@やや金利が高めになる
A銀行カードローン・消費者金融より限度額が低い
B選択できる会社が少ない

 

ネット銀行カードローン

ネット銀行も近年はカードローンの商品展開を強化してきています。特定の店舗がないために、申し込みは一般的にはインターネット上で行うことになります。インターネット上で申し込むことになると人目を気にして店舗に入ることもなくなりますし、返済時の手間も大きく省くことができます。人件費が下がっている分、金利も比較的低めになるというのも利点の一つと言えます。

 

 

ネット銀行カードローンのメリット

@金利が低め
A消費者金融と同じく即日融資ができる場合もある
B限度額が高め
Cポイント特典などキャンペーンなどが定期的に行われる
Dメガバンクなどより審査のハードルが低い

 

ネット銀行カードローンのデメリット

@途上与信が頻繁に行われるために、途中で利用できなくなる場合も想定される
Aネット銀行であるために、サービス内容の変化が起こりやすい
Aネット銀行に口座をわざわざ開設することが求められることがある

 

このようにカードローンと一口にいってもいろいろと変わってくるところがありますので自分に最も合ったサービスを展開しているところを探す必要があります。


このページの先頭へ戻る