遅延損害金は払わないといけないのか

返済日までにお金を所定の金融機関に収める事ができなかった場合、借主としての義務を果たさなかったという事になりますので、債務不履行という事になってしまいます。この場合、あなたは金融機関に対して損害賠償を支払うこととなります。この損害賠償に当たるのが、遅延損害金という事になるのです。

 

支払わなければならない金額について

返済期日までに返済が行われなかった場合、賠償をせねばなりません。その際に支払う金額というのは、法律で上限は決まっていますが、各金融機関によって異なっており、遅延損害金については、契約書に記載されており、万が一返済が行われなかった時にはいくら支払わねばならないのか?決まっています。この金額というのは契約書以外にも、公式サイトで確認ができます。

 

遅延損害金の上限について

上限については、法律で決められており、制限利率の1.46倍となっています。仮にこの制限利率を超えている場合については、超える部分のみ無効ということになります。この上限以内で各金融機関は遅延長損害金の利率を決定しています。

 

遅延損害金を定めていない場合について

もし、遅延損害金を設けていない借り入れをした場合、遅延損害金は認められていません。裁判の判例にも「貸付金が利息制限以上の場合の遅延損害金について、利息制限法一条一項より所定の制限額までに厳粛される利息と同額」というふうに示されています。しかしながら、キャッシングやカードローンについて、遅延損害金というのは設定されている事がほとんどです。遅延損害金というのは、金利も高めになっていますので、遅延しないように返済していきましょう。


このページの先頭へ戻る