カードローンの限度額とは

カードローンでよく聞く限度額と言うのは、お金を借りれる最大の金額のことをいいます。契約をカード会社と交わすときにこの限度額は知ることができます。普通のローンのようにカードローンでも限度額50万円という表記があれば、その範囲の内で何度でも借り入れをすることができます。ただ一律で誰にも適用される限度額というものはなく本人の資産や収入脳状況に応じて設定される金額と言うのは大きく変わってきます。

 

最大で400万円借り入れが可能というカードローンであっても実際にはなかなかその規模の金額をすぐに借りれる人はおらず、今の収入と照らし合わせた金額、一番多いのが50万円程度に落ち着くでしょう。

 

返済実績で限度額は変わる

消費者金融などではじめてカードローンの契約をするときには収入・今の職場に入って何年か、過去借り入れの有無などの情報が審査の対象となります。これまで借り入れを滞りなく返済している実績がそこで評価されることになります。他社の借り入れの情報も調べることが制度上可能なためで、優良顧客として見られているのです。

 

収入・就業年数と言った条件が同じであっても借り入れて返済した実績がある人のほうが各位jつに経験のない人よりも限度額は高くなります。

 

極度額とは

極度額はよく利用限度額と混同されがちですが、同じものではありません。カードローンで融資を受けることができる最高の金額を言い、その人一人ひとりにおうじて設定されている貸し出し可能な最大の金額が限度額になるのです。たとえば契約書類にも、極度額300万円の限度額100万円という起債があったりします。最大でカードローンでは300万円まで貸し出しできますが、あなたには100万円までしかお貸しすることはできませんよ、ということになるのです。

 

契約金額大きい場合には利用限度額は極度額と同じに設定されることはほとんどなく返済実績など契約者が信頼を積み重ねていくことによって増えていくことになります。

 

極度額と同じ金利を適用

なお、金利と言うのは借入した金額ではなく極度額次第で左右されるものです。審査が大丈夫そうだというときは極度額での契約をしてしまえば金利を抑えることにつながります。いくら借りても極度額と言うのも金利も変わりませんので、極度額を大きい状態にしておいて、必要な金額だけ借りればいいのです。

 

たった10万円の借り入れであっても、極度額の契約が300万円だとすると、300万円時点の利息が適用されます。通常14%程度の金利がそれだけで5%などに抑えることができるのです。
ただしその分審査については本当にその金額を貸せるかどうかが見られるので注意が必要です。


このページの先頭へ戻る