カードローンやキャッシングにおける「総量規制」について

「総量規制」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれませんが、具体的な内容は知らないという方も多いのではないでしょうか。こちらのページでは総量規制について詳しく解説しています。

 

総量規制の内容

総量規制とはカードローンやキャッシングの利用上限金額を利用者の年収の3分の1までとするという法規制です。規制対象となるのはあくまで利用金額の合計であり1社単位ではありません。例えばA社から50万円の借入がすでにある人で年収が150万円の場合はこの時点で上限となり別の会社から新たな借入を行う事はできません。新規でクレジットカードを作る事も出来なくなる場合が多いです。

 

逆に上記のケースでA社からの借入は20万円という場合は規制対象金額までの残り30万円の範囲内で新規の借入やクレジットカードの新規申し込みが可能となります。

 

総量規制の施行理由

総量規制が施行された目的は多重債務の未然防止です。この規制が行われる以前は、複数の会社から自分の年収3分の1まで借入したり、闇金融に手を出したりして多重債務となり破産してしまう人が多く発生し社会的に問題となっていました。この規制により少なくとも、闇金融を除く法規制を遵守する通常の会社からの多重債務の減少に対しては効果があったと言えるでしょう。

 

総量規制についての注意・補足事項
規制の対象外となるケース

「事業としての借入」については本規制の対象外となります。よくニュースなどで事業での借り入れが数億などいったフレーズを聞くことがあると思いますが、そもそも事業融資には総量規制といった縛りは存在せず、融資する側の会社判断で行なう事ができます。極端にいえば事業主が個人として総量規制一杯の借金がすでにあっても、事業そのものがうまくいっていなくても、いくらでも融資することが可能ということです。

 

年収3分の1まで借入できないケース

利用者の職業などその個人の状況によって年収の3分の1より少ない金額を上限としたりするルールをカードローンやキャッシングの会社個々で設けている場合があります。例えば学生やニートの方に対してです。実際に年収があっても学生の方だったら年収の10分の1を上限とする場合やニートの方で年収3万円程度といった場合は審査自体に通らない場合があります。貸す側も会社として当然、利益をだす必要がありますのでリスク管理としてこういった対応を行うのは当然といえるかもしれません。

 

 

ここまでに解説させていただいたように通常のカードローンやキャッシングにおいてはこの総量規制というものが適用されているのです。


このページの先頭へ戻る