カードローンの特徴と内容について

カードローンは「使途自由」・「リボルビング払い」・「無担保」で利用できる金融ローン商品のことです。これの最大の特徴は、あらかじめ決められた金額の範囲内ならば借入がいつでも可能であることです。

 

以下には、カードローンの用語・特徴・内容などについて記していきます。

 

「使途自由」とは?

使途自由は、使途無制限とも表現されます。この言葉は、使い道が指定されていないタイプのローンであることを意味します。住宅ローンは住宅購入のために、学資ローンは学費のために組むローンであり、それぞれローンの利用目的が指定されています。

 

使途自由のローンは、このような特定の目的は定めず、どんな目的にも使用することが可能です。

 

「リボルビング払い」とは?

リボルビング払いは毎月一定の金額を返済していく方式のローンです。通称ではリボ払いとも呼ばれます。リボルビング払いの中でも、最も利用率が高いのは「残高スライドリボルビング方式」です。これは毎月の返済残高に応じて、その月の返済額が決定されるローンです。この方式の特徴は、返済が進むにしたがって返済額の負担が減ることです。

 

仮に20万円の返済残高が残っているときの返済額が毎月6000円だったとしましょう。残高スライドリボルビング方式では、返済残高が10万円に減ると、毎月の返済額はそれまでよりも低くなります。(金額は例であり、契約内容などで異なります)

 

便利な方法ではありますが、注意点もあります。この方式を使用しているときは、最低返済額が減るにつれて、完済までの期間がずるずると伸びてしまうケースがあることです。このような事態を回避するには、繰り上げ返済で最低返済額以上の金額を返済し、返せる余裕があるときに残高を完済してしまうことも必要でしょう。

 

「無担保」とは?

お金を借り時には、通常、保証人や不動産などの担保が必要となります。無担保のローンは、文字通りこのような担保を必要としないローンです。カードローンのほとんどは無担保です。ただ、わずかですが担保を必要とするカードローンも存在しているようです。

 

担保を必要とするローンは、無担保のローンよりも低金利のものが多いことが特徴です。

 

カードローンは決められた範囲内の金額でいつでも借入可能

審査で決められた範囲内の金額ならいつでも借入可能であることは、カードローンの一番のポイントです。審査で決められた金額は、極度額・限度額・枠という言葉で表現されます。特に「枠」という表現はローンの説明で多く使用される言葉です。

 

ローンを契約した時に100万円の枠をもらったならば、最大100万円まで借入可能です。この条件で50万しか借入していないなら、残る50万はいつでも借入可能です。お金はコンビニのATMでも引き出せるので利便性があります。

 

カードローンは、一定期間きちんと返済している実績があると、枠の増額も可能となります。

 

キャッシングと何が違うの?

クレジットカードのキャッシングは、カードローンと同じと思われがちです。しかし、この2つには返済方式に明確な違いがあり、別物であるということができるでしょう。カードローンは、これまで説明してきたリボ払いです。キャッシングは、借りた翌月に一括払いで返済します。

 

両者は明らかに違います。ただし、単純にキャッシングという単語を使うときは、消費者金融のカードローンと同じ意味で使うこともあります。

 

カードローンを扱う業者の種類は?

カードローンを扱う業者は、大きく分けると、銀行・信販系会社・ネット銀行・消費者金融系会社の4種類です。審査の速さ・内容・金利の高低・返済期間・上限額など、様々な条件が会社ごとに異なります。

 

カードローンは個人の使い方・ライフスタイルに合わせたものを選ぶことが必要です。自分に合った業者をよく考えて選びましょう。


このページの先頭へ戻る