キャッシングならアイフルがおすすめです!

アイフルはすぐにお金が必要な人におすすめです。全国に700台以上設置されている自動契約機や、インターネットからの申し込みで即日融資を受けることができます。

 

特にインターネットからも申し込みは、その場所や時間を選びません。審査を行っている時間は日中だけですが、夜中に申し込みを行った場合でも、翌朝すぐに融資を受けることが可能です。
自動契約機は平日や休日、祝日を問わず連日8〜22時まで営業しているので、仕事帰りなどの遅い時間でも利用できます。審査時間は最短30分で、その場でキャッシング用のカードの発行が行えます。

 

郵送でカードを送ってもらう場合にも、アイフルでは本人宛の書留郵便で、その配達時間も指定することができるので、同居の家族にアイフルの利用を知られたくない場合でも問題なくカードを受け取ることが可能です。

 

 

アイフル


 

 

 

 

即日融資を受ける際の注意

 

アイフルでは最短30分の審査時間で契約を行うことができますが、申し込み方法によっては手続きに時間が掛かり、即日融資は難しいことがあります。
一番手続きに掛かる時間が短く、即日融資に向いているのはインターネットからの申し込みです。この方法が一番混雑状況などに左右されず、スムーズに契約が行えます。

 

このインターネットからの申し込みで即日融資を受ける手順を記載していきます。

 

 

申し込みから審査が完了するまで

 

1)本人確認書類を用意します。

 

2)アイフルのホームページを開き、「→いますぐお申込み」の赤いボタンをクリックします。

 

3)「キャッシングローンのお申し込み」のページが開くので、各入力欄に順番に必要事項を入力していきます。

 

4)申し込み完了メールが届くのを待ちます。

 

5)入力した電話番号、またはメールアドレスまで審査結果の連絡があります。

 

 

ここでの注意点は、この申し込みページは長時間開いたままにしておくと、セキュリティの関係から入力した項目が無効になり、もう一度最初からやり直しになってしまう場合があるということです。
この時間内に入力できるように、入力する項目について必要になる書類などを最初に準備してから申し込みを行いましょう。

 

 

申し込みに必要な書類

 

アイフルへの申し込みに必要な書類は、原則的に本人確認書類と収入証明書類の2つです。

 

この本人確認書類として利用できるのは、運転免許証や各種の健康保険証、パスポート、写真付きの住基ネットカード、もしくはその他の公的書類です。

 

運転免許証を利用する場合、有効期限と住所に注意してください。有効期限が切れている場合は身分証明書類として利用できない為、再度他の本人確認書類の提出を求められてしまいます。そうなってしまうと、審査の時間がその分余計に掛かってしまうことになり、融資を受けられるまでの時間に大きく影響してしまいます。
また、記載されている住所が現住所と違う場合も、それだけでは身分証明書類と認められない為、併せて公共料金の領収書や住民票の提出が必要になります。

 

アイフルへの希望金額が50万円を超える場合と、50万円以下であっても既に他社から借り入れを行っている金額を合わせて100万円以上になる場合、この他に収入証明書類の提出が必要になります。

 

この収入証明書類に利用できるのは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書の写しや住民税決定通知書、所得証明書、もしくはその他の公的な収入証明書類です。
この中では給与明細票が一番準備しやすいと思います。この場合は直近の2ヶ月分を用意しておきましょう。

 

アイフルのおすすめポイント

 

アイフルがおすすめな理由は、その審査や手続きの早さと、豊富に用意されている商品です。

 

店頭からの申し込みはもちろん、パソコンやスマホを利用したインターネットからの申し込みや、自動契約機からの申し込み、電話での申し込みで即時融資を受けることができます。
自動契約機は遅い時間まで営業を行っているので、仕事帰りに申し込みを行って、その場で借り入れを行うことが可能です。

 

アイフルには商品も豊富に用意されており、通常のカードローンの他に、限度額が抑えられている女性専用のカードローンや、23歳以上で一定の収入があることが条件ですが、年利9.5%という低金利で借り入れを行えるプレミアムローン、用途に合わせた目的別のローン、事業者が対象の事業サポートローン、そして借り換え専用のおまとめローンなど、消費者金融の中でも一番多くの商品を扱っているので、自分の収入や用途に合わせて、その中から一番お得なローンを選択することができます。

 

 

 

>>申し込みはこちら


このページの先頭へ戻る