おまとめローンのメリットとデメリット

銀行が提供するローン商品の中には、おまとめローンと呼ばれる商品があります。これは多重債務を抱えている方に対して融資を行う商品で、複数の借り入れを1つにまとめることが可能という特徴的な内容になっています。おまとめローンは低金利で提供されている為、複数の借り入れをこれで一本化することで利息負担を減らすことができるという利点を持っています。

 

以前から多重債務者の増加は問題視されていました。多重債務に陥った方が自己破産に行きつくケースも珍しくなく、これを解消する為の商品の需要が高まったのです。

 

また、大手銀行の合併によって、銀行の多くが顧客獲得の為の策を余儀なくされました。そこで特色のある商品として登場したのがおまとめローンなのです。

 

おまとめローンを利用すると、多重債務者が抱える借金に充当する金額の融資が受けられます。これを使って他社の借金を一度一括返済し、おまとめローン利用者は銀行に対して長期的な返済を行っていくことになります。

 

こうすることで、銀行は安定した長期顧客を獲得することに繋がります。つまり、銀行にとってもメリットがある商品なのです。もちろん利用者にとっては多重債務から脱出することができ、しかも比較的低金利で融資が受けられるということで良いこと尽くめの商品と言えます。

 

おまとめローンのメリットの数々

おまとめローンを利用することで、返済日を減らすことができるというメリットと毎月の返済負担が小さくなるというメリットがあります。
詳しく見ると、

・金利が下がることで総返済額も小さくなる
 ・返済期間を長く設定して、毎月の返済額を小さくできる
 ・毎月の返済期限を一回にまとめることで、管理負担が軽減される
 ・多重債務の中の借金の金利によっては、過払い金が発生している可能性がある
 ・おまとめローンは限度額が大きいので、これを安定して返済していくことで優良な返済実績を積むことができる
 ・自己破産の危機を回避できる

おまとめローンにおけるデメリットは

銀行が提供するおまとめローンでも、その保証会社が消費者金融会社になっていることも珍しくありません。その為返済が滞ってしまった場合、保証会社である消費者金融会社が督促を行うこともあるのです。

 

また、毎月の返済額が少なくなった分余裕が生まれるわけですが、その部分を使って新たな借り入れをしてしまう可能性も否定できません。
その為、以下のデメリットに注意が必要になります。

・返済の遅延が続けば、保証会社から返済を求められてしまう
 ・返済期間を長期に設定した結果、総返済額が大きくなってしまう可能性がある
 ・毎月の負担が減った分、新たな借り入れをしてしまう可能性がある
 ・おまとめローンを利用する場合は、別のローン商品に新規に申し込むことができないことが多い


このページの先頭へ戻る