過払い金請求について

テレビコマーシャルなどでも耳にする過払い金請求とは、なんのことでしょうか。これは簡単に言うと、カードローンなどからの借入の返済の際に、多く返済し過ぎた分を返してもらうということです。そんなことは滅多にないだろうと思うかも知れませんが、実は法律の関係で、意外と多くの人に、過払い金請求をできる可能性があるのです。

 

過払い金返還請求

消費者金融などの業者がお金を貸し出すときには、法律による厳しい決まりがたくさんあります。そのうちの1つが、上限金利です。しかし2010年6月に法律が改正される前には、貸金業法と出資法という2つの法律において、それぞれ別の上限金利が定められていました。そして貸金業法の上限利息は、最大で20%となっていたのに対して、刑事罰が適用される出資法の上限金利は29.2%となっていたために、その間の金利はいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれていて、違反でありながらも罰せられることがないために、多くの業者がこのグレーゾーン金利で、貸出をしていました。

 

しかし法律改正によって、このグレーゾーン金利は廃止されました。また通常の法律は、遡って適用されませんが、この法律改正は遡って適用されることとなり、このグレーゾーン金利での計算によってすでに支払ってしまった利息の差額の返還を、請求できるようになったのです。過払い金返還請求の時効は、取引終了から10年間となっているので、その範囲でグレーゾーン金利でお金を借りていた人は、請求が可能です。

 

特におまとめローンを利用している人は、長期間の借入になっている人もいるので、法律改正以前からの人も少なくありません。

 

心当たりのある人は、弁護士などに相談してみましょう。完全成功報酬型の弁護士も多くいますので、そういうところを利用も検討してみましょう。


このページの先頭へ戻る